第1学年の行き先は、世界遺産にも登録された奥州平泉の「中尊寺」になります。
歴史的な意義を再認識するとともに、新入生である生徒たちが、クラスの仲間との親睦や交流を深めてもらうことが目的です。

入学してから1ヶ月程度経過して、ようやくクラスメイトとも打ち解けてきた中での学年行事です。
生徒たちは、この行事を通して、これまでにあまり話したことのない同級生とも打ち解けることができたようです。