11月13日(月)の3・4校時(工業基礎)に,建物の骨格となる「柱・梁の鉄筋組立」,「型枠設置」の作業を実演してもらいました。「鉄筋組立(地組+現場施工)」では,鉄筋の結束では実際にハッカーを使って結束する体験など,「型枠設置」では型枠を釘で固定したり,ラチェットやインパクトドライバーを使って固定したりする作業を,職人の方々より直に教わることができ貴重な体験をすることができました。
建設業に進みたいと考えている生徒たちにとって,大変学ぶことの多い学習会でした。

とび土工の松居組様,鉄筋のサンエーテック様,型枠大工の大徳建業様,そして大林組の皆様方、ご指導ありがとうございました