工業技術基礎(1年)の実習風景です。

1年生は測量の基礎実習を行っています。まずは「距離測量」です。
「目測・歩測」を行ってから実際に巻尺を使い測ります。距離が長く、巻尺が足りない場合には中間点を設置します。

ただ、距離を測るのも簡単ではないことを学んでいました。